フリーランス

フリーランスという働き方はどんな職種がある?説明や語源、職業例

フリーランスという働き方に憧れはあるけど、どんな職種があるのかわからない。

そんな方に向けて、この記事では、フリーランスの職業を紹介します。

フリーランスとは

会社に雇用されて給与をもらうという働き方ではなく、自らの専門的スキルを提供することで報酬を得る働き方を指します。

日本では「自由業」「自由職業」「フリーランス」などと区分される。請け負った業務を実際に遂行する本人はフリーランサー、フリーエージェントと呼ばれる。

自身の裁量で業務を行うという性質上、自由な働き方をできるのがメリットの一つです。

フリーランスは自由ではありますが、会社員とは違ったデメリットも存在します。給与が安定していなかったり、あらゆる方におすすめできるという働き方ではないため、フリーランスを検討する際は知識や理解を深めることが大切になります。

 

フリーランスの語源

フリーランスという言葉は、元々傭兵を意味する英語「freelance」から来ています(「lance」は槍を持った騎兵)

中世ヨーロッパにおいて、主に仕えず、戦争の度に雇われる兵士のことです。傭兵が戦闘ごとに戦場に赴くように、現在のフリーランサーも案件に応じて契約するという点で共通するところがあります。

 

フリーランスとしての職業例

Web・ITにまつわる職種

  • エンジニア
  • プログラマー
  • Webデザイナー

 

クリエイティブな職種

  • 編集者、ライター
  • 映像制作、ディレクター
  • 漫画家やイラストレーター

 

Web広告やSNSから収入を得る職種

  • ユーチューバー
  • アフィリエイター、ブロガー
  • インスタグラマー

 

ネット販売にまつわる職種

  • 転売、せどり
  • オークション、フリマ
  • ネットショップ

 

その他の職種

  • コンサルタント
  • 講師、家庭教師
  • 通訳、翻訳
  • 事務作業
ABOUT ME
テッペイ
テッペイ
チャレンジ精神旺盛30代。ブログとTwitterマネタイズに奮闘中、初心者ブロガーの為のブログ作成方法を発信してます。ブログ運営やSNSについて、わからないことのお役に立てれば幸いです。